目元の黒ずみ・むくみ/効果的な7つのアドバイス

,

気温が下がり寒くなってくると気になる、むくみや黒ずみなどの目元の悩み。
目の周りの皮膚は薄くとても敏感なので、季節の変化に影響されやすいパーツであるとご存知でしたか。

この時期によくおこる目元の黒ずみは、睡眠不足や、仕事場での長時間のパソコン業務といった要因と合わさり、私たちの肌に悪影響を及ぼします。身体の疲労と肌の乾燥が悪い相乗効果をもたらし、ハリの低下やシワの原因となるのです。

でも大丈夫。
目元のお悩みにとっておきの7つのアドバイスを、これからお教えします。

  • 1) 水分補給
    様々な説はありますが、一日約2リットルの水分補給はむくみに対しての改善法のひとつと言われています。
  • 2) 紫外線から身を守る
    冬場はつい怠りがちですが、太陽の見えない曇りの日でも紫外線対策を。
    サングラスをかけ、SPF30程度の日焼け止めは日頃から付けるようにしましょう。
  • 3) 目元を冷やす
    ケガの際に氷で冷やすと腫れが引くように、肌を冷やすことで腫れや赤みを抑えることができます。
    冷凍庫の氷を薄手のタオルなどで包み、目の下にあててみましょう。スッキリとしたシャープな目元に近付くはずです。
  • 4) 塩分・アルコールはほどほどに
    塩辛い食品やアルコールは、むくみを引き起こす原因の一つです。
    お酒をたくさん飲んだ次の日には目元がパンパンに腫れていた、、、という経験も少なくないはず。
    もしも摂り過ぎてしまった場合は、水分をいつもより多めに摂ってみてください。
  • 5) 寝る姿勢を正しく
    仰向けの正しい姿勢で眠ること、また頭の下に高さの合った枕を置く事はむくみ対策に重要です。
    不要なものを体内に溜め込まず、質の良い眠りをとることが大事です。
  • 6) アイクリームを塗る時は薬指で
    手の指の中で、薬指は力が最も弱いと言われます。
    目元の皮膚は薄いので、薬指を使ってやさしくクリームを塗りましょう。
  • 7) 正しいアイクリーム選びを
    コンフォートゾーン製品の中で、目元の様々なお悩みに対処するにはスキンレギメン アイバームがおすすめ。軽いテクスチャーで、上まぶたにも使えます。ほうれん草などの自然の恵みを活かした美容コンプレックス*¹やカフェイン*²を配合しており、目元をスッキリとした印象に導いてくれます。

    また、お肌の疲れがよりハッキリと表れているようなら、更なる美容効果*²が期待できるサブライムスキン アイ クリームを使いましょう。トントンと馴染ませれば、ふんわりと優しく明るい印象に。

7つのアドバイスを実践し、気になる目元のお悩みにアプローチしていきましょう。
いつまでも輝く、素敵なあなたでいるために―。

*¹サルビアヒスパニカ種子油・アリストテリアチレンシス果実エキス・ホウレンソウ葉エキス・カルノシン(スキンコンディショニング成分)
*²スキンコンディショニング成分

SHARE ON